くらし情報『リン・シェルトン監督が54歳で死去 リース・ウィザースプーンらがお悔やみ』

2020年5月18日 13:05

リン・シェルトン監督が54歳で死去 リース・ウィザースプーンらがお悔やみ

Photo by cinemacafe.net

先週金曜日(現地時間)、「ザ・モーニングショー」や「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」のリン・シェルトン監督が血液疾患のため急逝。54歳という若さだった。恋人でコメディアンのマーク・マーロンによると、リンはここ一週間ほど体調を崩していたというが、新型コロナウイルスとの関連性はないとのこと。

リンは2006年、40歳のときに『We Go Way Back』(原題)で監督デビュー。脚本も手掛けた同作は、スラムダンス映画祭でグランプリに輝いた。以降、監督、脚本家、女優、プロデューサーとしてマルチな分野で活躍を見せ、直近ではリース・ウィザースプーンとケリー・ワシントンが共演するHuluドラマ「Little Fires Everywhere」(原題)の監督を務めた。

リースは「ザ・モーニングショー」でもリンと仕事をしており、身近な存在を突然失ったことに「ものすごくショックを受けている」としてインスタグラムに追悼メッセージを投稿した。リンが「Little Fires Everywhere」に対して情熱を注ぎこんでいたということをつづり、「あなた自身の目で彼女が遺した功績と才能を見てほしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.