くらし情報『アルモドバル監督の私物が衣装やセットに『ペイン・アンド・グローリー』メイキングカット』

2020年5月30日 14:00

アルモドバル監督の私物が衣装やセットに『ペイン・アンド・グローリー』メイキングカット

Photo by cinemacafe.net

アントニオ・バンデラスが第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を初受賞、第92回アカデミー賞にノミネートされるなど高評価を受けたペドロ・アルモドバル監督最新作『ペイン・アンド・グローリー』が、 6月19日(金)より公開。待望の日本公開を前に、本作の色彩豊かな“アルモドバル・カラー”の秘密が詰まったメイキングカットと監督のコメントを入手した。

色彩の極致…インテリア&アートに酔いしれる

アルモドバル監督は、自身の半数以上の作品で組んできた撮影監督ホセ・ルイス・アルカイネとの制作について、「アルカイネは、常に映画を照らし出す絵画に触発されています。ベラスケス、レンブラント、エドワード・ホッパーのような画家を参考にすること」と語り、「本作については、フランシス・ベーコンの光、彼が描く孤独な男たちを参考にしました」と振り返る。

詳しく話さずとも同じ基準を分かち合っていると全幅の信頼を寄せながらも、アルカイネには2つの明確な指示を出したという。1つは、夜だけではなく主人公の生きる場所の暗さといった明暗法を意識すること。もう1つは、色彩に溢れ、インテリアや芸術品に囲まれた“過去の栄光”がつまった背景にできるだけ焦点を当て、映画監督の主人公・サルバドールを包む孤独感を一層際立たせること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.