くらし情報『三浦翔平「1話分ぐらい増えてます」台本修正で過激さUP?「M」再開記念会見』

2020年6月13日 05:00

三浦翔平「1話分ぐらい増えてます」台本修正で過激さUP?「M」再開記念会見

Photo by cinemacafe.net

ドラマ「M愛すべき人がいて」第4話の放送再開を記念してリモート会見が行われ、安斉かれん、三浦翔平、白濱亜嵐、田中みな実らキャストに加え、脚本家・鈴木おさむも登壇した。

広いスタジオ内にソーシャルディスタンスの距離を保り、板付きで行われた今回の会見。取材陣は別室でリモートにてその様子を見守った。

今回が演技初挑戦となったアユ役の安斉さん。三浦さんが「安斉さんがいると明るくなります」と現場での様子を明かすと、白濱さんが「今はマジメぶってるけど…(笑)普段は、楽屋とかでもすごく明るくて、若者言葉が飛び交っています」と同意。

さらに、田中さんが「『すご』『マジ』『ヤバ』って、2文字以上発しているところを見たことがないんです。それがみんなに移っていて、最近は三浦さんも」と暴露。質問にはにかみながら答える安斉さんに、田中さんが「何ヘラヘラしゃべってるの! さっきから語尾が聞こえないのよ!」と礼香のようにツッコむなど、チームワークの良さが垣間見える会見に。

また、その演技が話題となっている“眼帯の秘書”姫野礼香役を演じている田中さんは「まずは眼帯のフィッティングから始まり、本当に視野が狭くなるので、最初は眼帯に慣れること自体がすごく難しかったですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.