くらし情報『ムロツヨシ“ガタロー”の恋愛論とパジャマ姿に「真理」「似合いすぎ」…「親バカ青春白書」4話』

2020年8月24日 00:15

ムロツヨシ“ガタロー”の恋愛論とパジャマ姿に「真理」「似合いすぎ」…「親バカ青春白書」4話

Photo by cinemacafe.net

ムロツヨシ主演、永野芽郁、中川大志、今田美桜、新垣結衣らが共演する「親バカ青春白書」の4話が8月23日放送。今回はムロさん演じるガタローの“恋愛論”と“パジャマ登校”に感動の声が続々集まっている。

「今日から俺は!!」チームと福田雄一監督が手掛けるオリジナルドラマとなる本作。娘が大好きすぎるあまり、なんと娘と同じ大学の同級生になってしまう父親・小比賀太郎=通称“ガタロー”をムロさんが演じ、その娘で料理が得意、大学で初めて共学となった箱入り娘の小比賀さくらに永野さん。

大学でさくらが好意を持つ、ガタローの小説の大ファン・畠山雅治に中川さん。さくらが大学で最初に友達となった山本寛子に今田さん。さくらの学友でYouTuberの根来恭介に戸塚純貴。バイトを頑張る衛藤美咲に小野花梨。ガタロー達の必須科目の教授・大村教授に野間口徹。故人として回想シーンに登場するさくらの母でガタローの妻の幸子に新垣さんといった顔ぶれが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
4話ではガタローたちが2年に進級。さくらはある日、畠山が後輩女子と付き合っていることを知り、ショックを受ける。畠山は告白されたら付き合うものだと思っており、ガタローはそんな畠山を諭す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.