くらし情報『稲垣吾郎&二階堂ふみが「感謝」手塚治虫が遺した『ばるぼら 』11月20日公開へ』

2020年8月24日 05:00

稲垣吾郎&二階堂ふみが「感謝」手塚治虫が遺した『ばるぼら 』11月20日公開へ

Photo by cinemacafe.net

稲垣吾郎と二階堂ふみが初共演、“映画化不可能”といわれた手塚治虫の原作漫画を同氏の息子・手塚眞監督が映画化した『ばるぼら』が11月20日(金)より公開決定。日本版のポスタービジュアル共に稲垣さん、二階堂さん、手塚監督のコメントが到着した。

原作は、故・手塚治虫が1970年代に「ビッグコミック」(小学館)に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した大人向け同名漫画。手塚治虫生誕90周年を記念して初映像化され、第32回東京国際映画祭「コンペティション部門」の正式出品をはじめ世界各国の映画祭を巡回、反響を呼んでいる。

この度、2018年の製作発表から2年の月日を経て日本での劇場公開が決定。日本、ドイツ、イギリスから唯一無二のスタッフ&キャストが集結しており、監督は手塚氏の実子であり『白痴』(ヴェネチア国際映画祭 デジタルアワード受賞)、『ブラックキス』(東京国際映画祭 招待作品)など独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞。撮影監督には数々のウォン・カーウァイ監督作品やオダギリジョー長編初監督作『ある船頭の話』を手掛け、その映像美で知られるクリストファー・ドイルが担当した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.