くらし情報『木村拓哉の新境地「教場2」2021年新春放送へ!生徒役にも注目』

2020年8月31日 05:00

木村拓哉の新境地「教場2」2021年新春放送へ!生徒役にも注目

Photo by cinemacafe.net

主演・木村拓哉、脚本・君塚良一で今年1月に放送されたフジテレビ開局60周年特別企画 新春SPドラマ「教場」が2021年新春に、二夜連続にて「教場2」(仮)として放送されることが決定した。

今回も主人公の警察学校“最恐”の教官・風間公親(かざま・きみちか)を演じる木村さん。これまで検事、総理大臣、天才外科医、そして記憶に新しい「BG~身辺警護人~」でのボディーガードなど、多彩な主人公を器用に演じ分けてきた木村さんが、凄みのある立ち振る舞いで、生徒たちを恐怖に震え上がらせる冷酷無比な“教官・風間”に再び扮する。

生徒がトラブルを抱えた途端、退校届をつきつける非情にも思える行動を取る風間だが、それは警察学校を“適性のない人間をふるい落とす場”と考えているからにほかならない。冷酷さの中に強すぎる使命感を持つ、青い炎のような人物像を作り上げた前作には木村さん自身の「新境地」という評価も多く聞かれた。

そして、脚本を手がけるのは、『踊る大捜査線』シリーズのヒットメーカー・君塚良一。演出は、木村さんとは1994年10月期の「若者のすべて」から「眠れる森」(1998年10月期)、「プライド」(2004年1月期)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.