くらし情報『性的指向・性自認は流動的で人の数だけ存在する――多様な価値観を提示する「17.3 about a sex」は気づきや学びの宝庫』

2020年10月3日 11:30

性的指向・性自認は流動的で人の数だけ存在する――多様な価値観を提示する「17.3 about a sex」は気づきや学びの宝庫

Photo by cinemacafe.net

「ハグしたいと思ってるんだけどさ、どう思う?」

いまだかつて、こんなふうに女性に同意を求めた男性が日本のドラマ史上に存在しただろうか?「鳥肌立った」「これ、すごく大事」「素敵」など、SNSで反響を呼んでいるこのセリフはドラマ「17.3 about a sex」第4話に登場する。全ての女性が強引でいきなりの壁ドンや床ドンを待ち望んでいる、というのは大きな誤解であることが分かるだろう。

「17.3 about a sex」は高校生たちの初めての恋愛や性に真正面から向き合った作品として注目を集めているが、こうした大人世代にも刷り込まれてしまった“常識”や“定石”に疑問を投げかけ、初めての気づきや学びをもたらしてくれるドラマでもある。取り上げられるテーマは初体験だけでなく、性的指向や体型の悩み、避妊、生理など多岐にわたり、2020年のいまもなお日本ではタブー視される“about a sex”にどんどん斬り込んでいく。

大切なテーマ:性と真摯に向き合う

「処女卒業17.3歳。ウチらはどうする?」「そもそもセックスってしなきゃダメ?」「女子が経験人数多いのってダメなの?」――。まず、各話のタイトルからしても、その斬新性や先進性に気づくはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.