くらし情報『山崎賢人&土屋太鳳、“誰もいない渋谷”のリアルさに驚嘆「今際の国のアリス」メイキング映像』

2020年12月14日 11:45

山崎賢人&土屋太鳳、“誰もいない渋谷”のリアルさに驚嘆「今際の国のアリス」メイキング映像

Photo by cinemacafe.net

山崎賢人と土屋太鳳をW主演に迎え、村上虹郎、森永悠希、町田啓太ら個性豊かな実力派俳優陣が集結するNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」。その世界をより楽しむことができる、VFXや美術セットの裏側が分かるメイキング映像が解禁された。

現在配信中の本作から解禁となった映像では、アリスを演じた山崎さんとウサギを演じた土屋さんの2人が語る本作の物語と映像の魅力、そして佐藤信介監督や、これまで数々の作品で佐藤監督とタッグを組んでいるVFXスーパーバイザーの土井淳によって明かされる、“今際の国”ができるまでの制作過程が映し出されている。


冒頭、監督が「まったく新しい軸を持った作品が誕生するんじゃないか」と語る通り、破格のスケールで制作された本作。特にアリスと、森永さん演じるチョータ、町田さん演じるカルベの親友3人が思うようにいかない現実から逃げ出すようにして集った“渋谷”は、広大な敷地に作り出されたセットとVFXで作り出された。

セットでは渋谷駅の構内、街にある汚れまでもが全て再現されており、実際にそこで撮影をした山崎さんも「あれは本当に渋谷でした」と言い、土屋さんも「誰もいない渋谷を見た時に、空気が動いていないというか、本当にこんなの作れるんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.