くらし情報『【インタビュー】池松壮亮×オダギリジョー、兄弟役共演で血のつながりを超えた“家族”に』

2021年6月28日 07:45

【インタビュー】池松壮亮×オダギリジョー、兄弟役共演で血のつながりを超えた“家族”に

Photo by cinemacafe.net

妻に先立たれた男が幼い息子を連れて日本を発ち、韓国に暮らす兄のもとへ。そんな彼らが出会ったのは、両親を早くに亡くした兄、姉、妹の三きょうだい。意思疎通にも少しの奮闘が必要な日本人3人と韓国人3人が、ひょんな巡り合わせから旅を共にすることになるが…。オール韓国ロケで作られた『アジアの天使』に、池松壮亮とオダギリジョーが兄弟役で出演。日本映画界を牽引する実力派2人が、韓国の撮影現場で感じたこととは…?

オダギリジョー、池松壮亮の姿勢に「作品に対する誠意や本気度が見える」

──兄弟役での共演はいかがでしたか?

池松:実年齢からすると、ワケあり兄弟に見えないかなと心配で…。というのは冗談ですが(笑)、オダギリさんがリードしてくれるからこその高いレベルでのやりとりや駆け引き、画面に映らない部分も含め、瞬間ごとのセッションができました。兄弟のシーンはものすごく気に入っていますし、楽しかったです。

オダギリ:印象的だったのは、池松くん、撮影現場では絶対携帯を見ないんですよ。

池松:アハハハ!

オダギリ:色んなところでこの話してるから、池松くんは今後、携帯を現場に持ち込めない事になっちゃうかも知れないけど(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.