くらし情報『「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、愛すべき“ホン班長”を語る「自分もこんな人間になれたら」』

2021年10月2日 23:00

「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、愛すべき“ホン班長”を語る「自分もこんな人間になれたら」

Photo by cinemacafe.net


「ヴィンチェンツォ」や「わかっていても」「賢い医師生活」、そして「イカゲーム」など、今年もヒット作が続くNetflixの韓国ドラマ。その中で、週末に“癒し”を与えてくれるラブコメディとして“沼落ち”する人を続々と生み出しているのが、「海街チャチャチャ」だ。今回は“ホン班長”ことホン・ドゥシク役で熱い注目を集めている、キム・ソンホのインタビューがシネマカフェに到着した。

舞台俳優から映像の世界に転身したキム・ソンホは、Netflix配信中の若きIT起業家たちを描いた「スタートアップ:夢の扉」で、ペ・スジ演じるダルミを巡ってナム・ジュヒョク演じる“ドサン派”と彼が演じる“ジピョン派”の論争を巻き起こし、韓国のみならず日本でもブレイク。第57回百想芸術大賞では一般投票による「TiKToK人気賞」を獲得した。

「海街チャチャチャ」キム・ソンホ、愛すべき“ホン班長”を語る「自分もこんな人間になれたら」

本作で彼が演じるホン・ドゥシクは、ソウル大学を卒業しながら、海辺の小さな村コンジンで、いわゆる“何でも屋”・“便利屋”のようなことをしている謎多き青年だ。「ドゥシクは決まった職業や規範に縛られない、自由気ままな人間です。とてもとっつきやすい性格で、誰とでも仲良くなれるんです。知らない人に声をかけて親しげに会話をしたり、困っている人を助けたりするのはそう簡単ではありませんが、ドゥシクはそういうことができてしまう人間なんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.