くらし情報『【TIFFレポート】藤原紀香 妖艶オーロラドレスで登場!劇団ひとりは“ヨメ”トーク』

2010年10月28日 22:59

【TIFFレポート】藤原紀香 妖艶オーロラドレスで登場!劇団ひとりは“ヨメ”トーク

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

開催中の第23回東京国際映画祭で10月28日(木)、大人気アニメーションシリーズの第4弾にして最終章となる『シュレック フォーエバー』の上映が行われ、日本語吹き替え版のボイスキャストを務める藤原紀香山寺宏一劇団ひとりが舞台挨拶に登壇した。

3Dと2Dが同時公開となる本作では、物語はパラレルワールドで展開。ズル賢い魔法使い・ランプルスティルスキンに騙されたシュレックは別次元の“遠い遠い国”に飛ばされてしまう。いままでの世界を取り戻すには、“たった一つの真実の愛”が必要となるのだが…。

この日は、15ものTV媒体にカメラマン50名、そして100名を超える記者が会場につめかけた。紀香さんは、自身が声を吹き込んだフィオナ姫のイメージとあわせて「いろんな“色”を持っている」“オーロラ”の輝きのセクシーなドレスで登場。シリーズを通じての思い出を尋ねられると、各国のボイスキャストがカンヌ国際映画祭で一堂に会した際の思い出を挙げ「一番面白かったのは、TVにも映らないところでの出来事。報道陣をシャットアウトして船で素敵なパーティが開かれて…」と華やかな思い出話を披露。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.