くらし情報『X JAPAN アニメ版『ブッダ』の主題歌で壮大な手塚ワールドを表現! 』

2010年12月21日 18:01

X JAPAN アニメ版『ブッダ』の主題歌で壮大な手塚ワールドを表現! 

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

日本漫画界発展の礎を築いた巨匠・手塚治虫。その数ある作品群の中でも最高傑作と称えられ、発行部数約2,000万部を誇る大ベストセラー「ブッダ」をアニメーション化した『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』の主題歌を「X JAPAN」が担当することが決定した。

2,500年前のインドを舞台に全三部作で綴られるが、第一部となる本作では、後に仏教の祖・ブッダとなるシッダールタ王子の誕生と青春の日々が描かれる。声優陣に吉永小百合堺雅人観世清和吉岡秀隆といった大物俳優、能楽師を起用していることでも話題となっている。

主題歌を決定するにあたり、メガホンを取った森下孝三監督は、この世界観を音楽で表現できるのは世界に誇るX JAPANのYOSHIKIさんのほかにいない」と考え、熱烈なオファーを送ったとのこと。YOSHIKIは「もともと、子供のときからアニメーションは大好きだったので、今回このような仕事ができてとても嬉しいです」とコメントを寄せてくれた。

X JAPANにとって久しぶりのバラードとなる本作の主題歌「Scarlet Love Song」。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.