くらし情報『稲垣吾郎、香取慎吾主演ドラマ出演! 役者としての掛け合いが7年ぶりに実現』

2020年8月5日 06:00

稲垣吾郎、香取慎吾主演ドラマ出演! 役者としての掛け合いが7年ぶりに実現

稲垣吾郎、香取慎吾主演ドラマ出演! 役者としての掛け合いが7年ぶりに実現

俳優の稲垣吾郎が、三谷幸喜脚本・監督×香取慎吾主演によるAmazon Originalドラマシリーズ『誰かが、見ている』(9月18日配信)に出演することが5日、明らかになった。稲垣と香取が役者として共演するのは、2013年放送の三谷幸喜脚本・演出『「古畑 VS SMAP」その後・・・』以来7年ぶり。三谷演出、脚本作品への稲垣の出演も同様に7年ぶりとなる。

Prime Video 5周年記念作品となる本作は、何をやってもドジばかりで予想もしない失敗を繰り返す主人公・舎人真一(香取)と、書斎の壁に偶然発見した“穴”から、そんな真一の生活をのぞき見するのをひそかな楽しみとしている隣人・粕谷次郎(佐藤二朗)を中心に巻き起こるドタバタを描いた“シットコム”(シチュエーションコメディの略)。三谷氏の演出による思いがけない仕掛けの数々と、香取のユーモラスな演技により、全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンターテイメントが誕生する。

稲垣が演じるのは、日本を代表する演歌歌手・レッツ大納言で、海外にまでファンがいるほどの大スター。香取との絶妙な掛け合いが見られる。

公開された場面写真は、偶然にも舎人真一の大ファンになってしまったレッツが本人に会いたい一心で舎人を訪ねてくるシーン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.