くらし情報『糸川耀士郎&菊池修司、中止公演への思いと『富豪刑事』舞台で見せたい世界』

2020年10月2日 11:30

糸川耀士郎&菊池修司、中止公演への思いと『富豪刑事』舞台で見せたい世界

糸川耀士郎&菊池修司、中止公演への思いと『富豪刑事』舞台で見せたい世界

話題のアニメを多く生み出すフジテレビ「ノイタミナ」枠の最新作、『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』の舞台『富豪刑事 Balance:UNLIMITED The STAGE』が10月2日から上演される。筒井康隆による連作短編小説を大胆にアレンジして放送された同作は、警視庁の「現代犯罪対策本部準備室」(通称:現対本部)を舞台に、事件解決のために大金を使う大富豪の警部・神戸大助と、教育係として彼とバディを組まされた警部補の加藤春が様々な事件に向き合っていく。毎回のように億単位の経費が使われ、AI執事やガジェットなどの最新テクノロジー要素も盛り込んだ作品で、海外でも人気となっている。

今回上演される舞台版は、9月24日に最終回を迎えたアニメの"その後"の物語に。舞台として目の前に蘇るだけでなく、物語の続きが知りたいファンにとっても気になる存在なのは間違いない。今回は神戸大助役の糸川耀士郎、加藤春役の菊池修司にインタビューし、作品の魅力や舞台にかける思いについて話を聞いた。

○■新型コロナウイルスの影響で、放送日が変化

――今回、アニメの舞台化というだけでなく、最終回後のストーリーが描かれるということで、よりアニメとの連携を感じますが、企画を聞いた時の感想はいかがでしたか?

菊池:本当は、アニメ自体は4月クールに放送している予定だったんですよね(※新型コロナウイルスの影響により、9月放送に延期)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.