くらし情報『THE RAMPAGE「皆さんに希望の光が届けば」 新曲に込めた思いと裏話を明かす』

2020年10月1日 21:32

THE RAMPAGE「皆さんに希望の光が届けば」 新曲に込めた思いと裏話を明かす

THE RAMPAGE「皆さんに希望の光が届けば」 新曲に込めた思いと裏話を明かす

●「FEARS」で表現した恐怖や孤独、そして希望
ダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが、12thシングル「FEARS」を9月30日にリリース。この楽曲は、“見えない存在への恐怖”や“孤独”を表現しており、未知の状況下で苦しみながらも前を向いて生きていく、現代に生きる人々の心を代弁するような内容となっている。このたび16人にインタビューし、同楽曲の魅力やMV(ミュージックビデオ)の撮影エピソードなどを聞いた。

――まず、それぞれ感じている「FEARS」の魅力を教えてください。

LIKIYA:悲しい曲だけど、どこかパワーをもらえます。

陣:聴けば聴くほど溺れていってしまうような雰囲気が魅了です。

RIKU:歌のリリックの裏に隠れた“優しい”メッセージがあります。

神谷健太:どことなく謎めいているなと思います。

与那嶺瑠唯:今の世の中を代弁しているかのような歌詞、クセになるイントロが魅力です。

山本彰吾:独特の世界観で恐怖への不安を駆り立てているのに、力強く諦めてはいない歌詞が魅力です。

川村壱馬:今の世の中ととても重なります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.