くらし情報『菅田将暉、有村架純と共演も「ほとんどしゃべったことなかった」5年前の態度反省』

2021年1月26日 18:12

菅田将暉、有村架純と共演も「ほとんどしゃべったことなかった」5年前の態度反省

菅田将暉、有村架純と共演も「ほとんどしゃべったことなかった」5年前の態度反省

映画『花束みたいな恋をした』(1月29日公開)の公開直前イベントが26日に都内で行われ、菅田将暉、有村架純、土井裕泰監督が登場した。

同作は脚本家・坂元裕二が書き下ろした初のオリジナル恋愛映画。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)は、好きな音楽や映画がほとんど同じであっという間に恋に落ち、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に2人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても『スマスマ』が最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に2人は就職活動を続けるが……。

5年間の恋を描いた同作だが、2人の映画共演も2016年の『何者』以来5年ぶり。印象の変化について聞かれると、菅田は「当時、ほとんどしゃべったことなかったんですよ。今回、『よくしゃべる人なんだな』と知りました。そのときは全然、俺もあんまりしゃべってなかったのかな」と振り返る。

菅田は当時の様子について「俳優の現場ってムードにもよるんでしょうけど、同世代が集まって『各々のペースでやっていきましょう』みたいな感じだったからかもしれない」と述懐。「『こんなにしゃべる人だったんだ』というのは今回の発見でもあって、好奇心旺盛で、自分が知らないものとか初めて見るものとかへの抵抗感があんまりなくて、飛び込んでいける人、そんな印象かな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.