くらし情報『時間が止まった老舗喫茶店でスイーツを! 小樽市民に愛され続けている3店』

2015年5月19日 10:08

時間が止まった老舗喫茶店でスイーツを! 小樽市民に愛され続けている3店

時間が止まった老舗喫茶店でスイーツを! 小樽市民に愛され続けている3店
●おいしいものをおなかいっぱい! こだわりが詰まった老舗喫茶店に妥協なし
古き良き時代の空気をそのまま残し、市民に愛され続けている洋菓子店や喫茶店が小樽にはいくつも残っている。ベルベットのソファに座り、スイーツを口に入れた瞬間、きっとその時代を知らない人でも「懐かしい! 」という気持ちになってくるだろう。時間旅行気分も味わえるような小樽の老舗をオススメのスイーツとともに紹介しよう。

○創業87年! 名前の通りスイーツが看板

洋菓子と喫茶の店「あまとう」は、JR北海道 小樽駅から徒歩5分ほどの小樽都通り商店街にある。10時の開店とともにケーキや焼き菓子を買い求める地元民でにぎわう人気店だ。喫茶スペースは店内の階段を上ったところにある。深紅のカーペットの上にべルベットのソファ席が並び、シャンデリアの光が店内を優しく照らす。

昭和4年(1929)の創業から今年で87年を迎えるあまとうは、食堂と小樽銘菓「ぱんじゅう」の店として始まった。「創業者である祖父は甘いものが大好きで、多くの人に食べてもらいたい、という気持ちから『まるいち甘黨(あまとう)』という店名をつけたそうです」と語るのは、3代目社長の弟であり、取締役本部長の柴田剛さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.