くらし情報『高野洸、“3度目”紅白を目標に Dream5と『刀剣乱舞』で経験したからこそ「悔しさ感じる」』

2021年3月24日 11:30

高野洸、“3度目”紅白を目標に Dream5と『刀剣乱舞』で経験したからこそ「悔しさ感じる」

高野洸、“3度目”紅白を目標に Dream5と『刀剣乱舞』で経験したからこそ「悔しさ感じる」

●「想像していなかった」ソロ歌手デビューを振り返る
2009年、NHK『天才てれびくんMAX』の音楽コーナーから誕生した5人組ダンス&ボーカルユニット・Dream5のダンス担当メンバーとしてデビューした“あきらきゅん”こと高野洸(23)。グループ活動終了後はミュージカル『刀剣乱舞』、舞台『ヒプノシスマイク』といった2.5次元作品をはじめ、ドラマ『わたし、定時で帰ります』(TBS系)などに出演。俳優として活躍中だ。

グループ活動後「俳優一本でやる」としていたが、2019年1月にソロ歌手デビュー。本日3月24日には1stアルバム『ENTER』を発売した。音楽シーンに戻ることを「全く想像していなかった」という高野に、これまでのアーティスト活動や俳優との二足のわらじについて聞いた。

『天才てれびくんMAX』の前代未聞となる全国オーディションに多数の応募があり、その中から選りすぐりの5人を選出。そのうちの一人が、高野だった。

「5歳からダンスをやっていたのでダンスコンテストに応募する感覚で受けたんです。最終審査では『歌の審査』『ダンス審査』『歌&ダンス審査』の3部門があって好きなものを選べた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.