くらし情報『乃木坂46、貫禄の1期生ライブ メンバープロデュース企画に反響「最高すぎ」』

2021年3月30日 00:00

乃木坂46、貫禄の1期生ライブ メンバープロデュース企画に反響「最高すぎ」

乃木坂46、貫禄の1期生ライブ メンバープロデュース企画に反響「最高すぎ」

アイドルグループ・乃木坂46の1期生メンバーによるライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~1期生ライブ~」が29日、生配信された。

本来は今年の2月に生配信されたライブ「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」で、1期生から4期生まで期別ごとでの開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止策として期別ライブが延期となり今日に至った。前日の3月28日は2期生ライブが開催され、堀未央奈がグループから卒業した。

1期生ライブのオープニングを飾ったのは4thシングル「制服のマネキン」。当時のセーラー服を身にまとった1期生メンバーは、どこか懐かしさを感じさせる。その後、「会いたかったかもしれない」「指望遠鏡」「君の名は希望」と、初期のナンバーで冒頭ブロックを締めくくった。

ライブ中盤では、メンバーがメンバーをプロデュースする企画へと突入。齋藤飛鳥プロデュースの秋元真夏は、猫のようにニャーニャーと4期生曲「Out of the blue」を歌ったり、松村沙友理プロデュースの高山一実は、ピアノの弾き語りで「僕のこと、知ってる?」を披露するも、途中からはピアノの弾き語り風という“落ち”があったり、秋元真夏プロデュースの齋藤飛鳥は、「ロマンスのスタート」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.