くらし情報『笠井信輔アナ、“悪性リンパ腫仲間”エビ中・安本彩花との交流秘話 背中を押したSNS投稿』

笠井信輔アナ、“悪性リンパ腫仲間”エビ中・安本彩花との交流秘話 背中を押したSNS投稿

笠井信輔アナ、“悪性リンパ腫仲間”エビ中・安本彩花との交流秘話 背中を押したSNS投稿

●体は絶好調「『逃走中』に出て証明したい(笑)」
血液のがん・悪性リンパ腫から復帰を果たしたフリーアナウンサーの笠井信輔。6日、警視庁神田警察署の一日署長に就任し、交通安全を呼びかけるパレードを行うと、商店街の人たちから次々に「元気になってよかったね!」と声をかけられ、「幸せな気持ちにしていただきました」と語る。

がん細胞がなくなる「完全寛解」から10カ月が経過し、体調は極めて良好だというが、今も心配をかけられることに、本人は歯がゆい気持ちもある様子。そんな現在の心境や、憧れだったという警察官への思い、そして同じ悪性リンパ腫からの「寛解」を発表した私立恵比寿中学・安本彩花との交流秘話などを、健康を裏付けるマシンガントークで語ってくれた――。

○■がんになって「悪いことばかりじゃない」

「小学生のときに作文で『おまわりさんになりたい』と書いたのを明確に覚えているんです」という笠井アナ。その後アナウンサーになったものの、警官への憧れは消えておらず、宇津井健の主演ドラマ『長生き競争!』(08年)で交番の警官役を演じた際は「本当にうれしくて!」と振り返る。

そして、今回は一日警察署長ということで、ドラマと違い本物の制服を着ることに感慨無量の様子。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.