くらし情報『桜庭ななみ、82歳・仲代達矢との共演に「本当に幸せな時間を過ごせた」』

2015年9月30日 11:00

桜庭ななみ、82歳・仲代達矢との共演に「本当に幸せな時間を過ごせた」

桜庭ななみ、82歳・仲代達矢との共演に「本当に幸せな時間を過ごせた」
女優の桜庭ななみが29日、都内で行われた、オリジナル時代劇『藤沢周平 新ドラマシリーズ』の記者発表会に、艶やかな振り袖姿で出席した。

スカパー!、時代劇専門チャンネル、BSフジの3社は、藤沢周平原作の時代劇『果し合い』、『遅いしあわせ』、『冬の日』、『三屋清左衛門残日録』の4作品を共同で制作・放送する。なお、同シリーズの監督は、ドラマ『北の国から』シリーズの演出を手掛けた杉田成道が務めている。

シリーズ第1弾『果し合い』(10月31日放送)で、ヒロインの美也を演じた桜庭は、主演を務めた俳優・仲代達矢との共演を、「とても緊張しましたが、いっぱい勉強をさせていただいた。本当に幸せな時間でした」と振り返ってにっこり。現在82歳の仲代は、酸素吸入をしながら殺陣のシーンに臨んだそうで、「お芝居に熱を入れてる姿勢は本当にすごいなと思った」と刺激を受けたことを明かすと、杉田監督も、「気迫というか、ろうそくの火を絞り出すような輝きにゾクッとした」とその役者魂に感銘を受けていた。

また、「人間味あふれる時代劇。人生の苦味を知っている50~60代の人たちにヒットするんじゃないか。制約が多く数字を取らないといけない地上波に比べて、伸びやかに作ることができた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.