くらし情報『木村昴「真面目は最強」 声優道を突き進んだ結果…マルチな活動に喜び』

2021年10月19日 11:00

木村昴「真面目は最強」 声優道を突き進んだ結果…マルチな活動に喜び

木村昴「真面目は最強」 声優道を突き進んだ結果…マルチな活動に喜び

●国民的キャラクターを背負い、芽生えた責任感
『ドラえもん』のジャイアン役をはじめ、ラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」や『仮面ライダーリバイス』といった話題作に参加するだけでなく、子ども向けバラエティ番組『おはスタ』のMCを担うなど、声優・木村昴の勢いが止まらない。映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』(10月22日公開)の日本語吹替え版では、クールな主人公スネークアイズに命を吹き込んでいる。

これまでの道のりを振り返ってもらうと、「声優業に打ち込んできたことで、いろいろなことに挑戦できるようになった。ものすごく幸せ」と充実の表情を浮かべた木村。14歳から『ドラえもん』という国民的アニメに携わってきたからこそ、「もし自分が誰かを失望させるような行動をとってしまったとしたら、迷惑をかけてしまう人がたくさんいる」と責任感を強くしながら、声優道を突き進んできたという。サービス精神と笑顔いっぱいにインタビューに応じ「真面目は最強」と熱く語る姿から、マルチな活躍の秘密に迫る。

木村の八面六臂の奮闘ぶりには目を見張るばかり。2005年に14歳にして『ドラえもん』のジャイアン役で声優デビューをした彼だが、キャリアを振り返ってもらうと「もともとは声優志望ではなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.