くらし情報『オリラジ中田、ベッキーの直筆手紙に批判的「あざとく感じる」』

2016年4月27日 11:48

オリラジ中田、ベッキーの直筆手紙に批判的「あざとく感じる」

オリラジ中田、ベッキーの直筆手紙に批判的「あざとく感じる」

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が27日、TBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』(毎週月~金8:00~9:54)で、不倫騒動で休業中のベッキー(32)に言及。ゲスの極み乙女の川谷絵音との不倫をスクープした『週刊文春』に直筆の手紙を届けたと報じられたことについて、「あざとく感じる」とコメントした。

番組では、5月5・12日号(4月27日発売)の『週刊文春』に掲載されている、先週金曜日に所属事務所社長から同誌に届けられたベッキーの直筆の手紙を紹介。手紙には「川谷さんへの気持ちはもうありません」と書かれていたという。

中田は「ベッキーは公的には何も本当のことを言ってないし、認めてないという認識」とコメント。国分太一が「手紙にはちょっと書いてありましたけど」と言うと、「手紙ってプライベートに奥さんや文春に渡すためのもの。それが間接的に伝わっていることも狙ってるところが、あざとく感じてしまう」と話した。

真矢ミキが「最低限の礼を尽くしてる」との見方を示すと、「だとしたら公的に認めるべき。まだ1回も不倫してましたと社会に言っていない」と主張。真矢が「私たち何も被害を受けてないし、そこまでね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.