くらし情報『おぎやはぎ矢作、元キンコメ高橋被告の自宅「入っちゃいけない部屋あった」』

2016年9月7日 15:15

おぎやはぎ矢作、元キンコメ高橋被告の自宅「入っちゃいけない部屋あった」

おぎやはぎ矢作、元キンコメ高橋被告の自宅「入っちゃいけない部屋あった」

お笑いコンビ・おぎやはぎ矢作兼が、7日に放送されたフジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月~金11:55~13:45)で、建造物侵入と窃盗の罪で懲役3年を求刑された元キングオブコメディ高橋健一被告について、「絶対入っちゃいけない部屋があった」と明かした。

高橋被告は2日に東京地裁で開かれた公判で、犯行のきっかけについて、中高生のころにいじめに遭い女性の制服に劣等感を抱くようになったこと、父親の借金、母親の自殺という3つの要素を説明。同じ事務所だった矢作は「一応、元身内ですからね」と話し出し、「よく知ってますけど、ちょっと笑いにしづらいエピソードが多い。高橋くんは…」とコメントした。

制服フェチについてはまったく気付かなかったという矢作だが、美川憲一が「制服、すごい数でしょ? どうするのかしら?」と疑問を口にすると、「家に行ったやつが『絶対に入っちゃいけない部屋があった』って言っていた」と証言。相方の小木博明は「多分その部屋がそうなんじゃないですか?」と加えた。

さらに、小木は「今思えば、やけに学校モノのコントが多かったなって。やけにセーラー服着てたなって」と回顧。矢作も「今野によくセーラー服着せてたから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.