くらし情報『岩田剛典の"笑顔にする力"を菅野美穂絶賛「パンダか赤ちゃんか、がんちゃん」』

2016年10月12日 07:00

岩田剛典の"笑顔にする力"を菅野美穂絶賛「パンダか赤ちゃんか、がんちゃん」

岩田剛典の"笑顔にする力"を菅野美穂絶賛「パンダか赤ちゃんか、がんちゃん」

EXILE兼三代目J Soul Brothersの岩田剛典が11日、都内で行われた10月14日スタートのTBS系ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(毎週金曜22:00~)の舞台挨拶に登壇し、主演の菅野美穂から「パンダちゃんか、赤ちゃんか、がんちゃんみたいな、みんなを笑顔にする力がある」と絶賛された。

同ドラマは、プライド、虚栄心、嫉妬が交錯するきらびやかなタワーマンションで繰り広げられる女たちの闇を描く完全オリジナルのサスペンス。4年ぶりのドラマ主演となる菅野が、会社員の夫、高校生の長男、幼稚園児の長女のために一生懸命な主人公の専業主婦・高野亜紀役を演じる。

岩田は、亜紀の娘が通う体操教室のコーチで、亜紀に思いを寄せる幼なじみ・生方航平役として出演。「こんなにおもしろい台本ってあるんだっていうくらい、先の展開がワクワクして一気に読んだ」と物語に引き込まれた様子で、「テーマも現代社会が抱える問題にフォーカス当てていて、同じ時系列で連続誘拐事件があって…ちょっとしたボタンの掛け違いで生活の歯車が狂って家族全体に連鎖していくというのはどの家庭でもありえることなので、すごくリアリティのあるドラマだなと思った」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.