くらし情報『つるの剛士、「保育園落ちた日本死ね」流行語トップ10入りに疑問「悲しい」』

つるの剛士、「保育園落ちた日本死ね」流行語トップ10入りに疑問「悲しい」

つるの剛士、「保育園落ちた日本死ね」流行語トップ10入りに疑問「悲しい」

タレントのつるの剛士が2日、自身のツイッターを更新。1日に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」で、匿名ブログのタイトル「保育園落ちた日本死ね」がトップテン入りしたことについて、「とても悲しい気持ちになりました」と打ち明けた。

5人の子供を持ちイクメンとして知られるつるのは、「『保育園落ちた日本死ね』が流行語。。しかもこんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました」と吐露。「きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。」と続け、「皆さんは如何ですか?」と問いかけた。

このツイートに、「私も全く同じ気持ちです…」「よくぞおっしゃってくださいました」「待機児童を問題提起したとしても「死ね」って言葉はダメだよ」と賛同するコメントが続々。
中には、「 気持ちはわかりますけども。ただ、神ってるより何より一番日本を動かした言葉じゃないかなあ」「いやいや、このお陰で待機児童問題に政府が本気で取り組まなければならなくなったし、溜飲を下げたり救われた思いのパパママいっぱいいますよ」といった意見も寄せられている。

つるのはその後、「皆さん朝からイヤな気分にさせてごめんなさい!今日の素晴らしい神ってる富士山です。皆さんもお勤めいってらっしゃい!」と富士山の写真をアップし、切り替えている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.