くらし情報『加藤紗里への誹謗中傷は、どのような罪に問われるのか? 弁護士に聞いた』

2017年1月13日 10:00

加藤紗里への誹謗中傷は、どのような罪に問われるのか? 弁護士に聞いた

と呼びかけるなど、コメントの選別は行っていないようだ。SNS上では著名人に向けた誹謗中傷があふれているが、果たしてどの程度の罪に問われるのか? そして、その量刑とは? アディーレ法律事務所の岩沙好幸弁護士に見解を求めた。

○匿名でも罪に

――SNSでの誹謗中傷はどのような罪になるのでしょうか。

不特定又は多数人が見ることができるSNSで、事実を示して、人の評判を下げるような書き込みをすると名誉毀損罪が成立する可能性があります。また、事実を示さないで単に侮辱すると侮辱罪が成立する可能性があります。

――ブログコメント欄、ツイッターなど投稿先によって違いはありますか?

不特定又は多数人が見ることができるものであれば、どのSNSでも違いはありません。書き込んでも自分以外は見られないような設定になっていれば名誉毀損罪は成立しないでしょう。

――今回のように匿名コメントによる書き込みでも罪になりますか?

書き込みした人の名前が匿名であったとしても、同じように罪は成立します。――どこまでのコメントであれば許されるのでしょうか。

具体的な線引きは難しいですが、人の評価を低下させるおそれのあるコメントは名誉棄損行為にあたります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.