くらし情報『星野源の「恋」、甲子園駅の列車接近メロディに! センバツ期間限定で』

2017年3月15日 12:00

星野源の「恋」、甲子園駅の列車接近メロディに! センバツ期間限定で

星野源の「恋」、甲子園駅の列車接近メロディに! センバツ期間限定で

19日に開幕する「第89回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲に決定した星野源の大ヒット曲「恋」が、大会期間限定で甲子園球場の最寄駅である阪神電車甲子園駅の列車接近メロディに起用されることが14日、わかった。

昨年10月期に放送されたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌で、"恋ダンス"ブームも巻き起こした「恋」は、2016年にもっともダウンロードされた楽曲(邦楽曲)に送られる第31回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」を受賞。ダウンロード数が累計150万を突破するなど、引き続き話題を呼んでいる。

そんな中、同曲が入場行進曲に決定した「第89回選抜高等学校野球大会」が19日から開催予定。開催に合わせ、19日から大会終了日までの間、阪神電車甲子園駅の列車接近時のメロディが「恋」に変更されるも発表された。

列車接近時に「恋」のサビのメロディが流れ、列車の接近、到着を知らせるもので、大会開催期間中に甲子園駅でしか聴けないものとなっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.