くらし情報『三四郎・小宮、『ANN0』放送後の反響告白「2度とやめてと言われた」』

2018年4月30日 09:00

三四郎・小宮、『ANN0』放送後の反響告白「2度とやめてと言われた」

三四郎・小宮、『ANN0』放送後の反響告白「2度とやめてと言われた」

お笑いコンビ・三四郎らが29日、日比谷公園で行われたニッポン放送のリスナー感謝イベント「Smile&Green ラジオパークin日比谷 2018~あなたにショウアップ!」の『春のオールナイトニッポン0祭り!』に参加した。

同イベントには「オールナイトニッポン0(ZERO)」(毎週月~土曜 27:00~)のパーソナリティ達が集結。金曜パーソナリティの三四郎がイベントMCを務めた。

冒頭にMCの三四郎が登場し、「パーソナリティの得意なことを披露する」というイベントの趣旨を説明。相田周二が「餃子作りも得意なんですけど、三四郎の得意なことは漫才。餃子作りに欠かせないのはエミネムの音楽」と先日、相田の自宅から餃子を作りながら放送したことを受けての発言に、会場からは大きな笑い声が起こっていた。

また相方の小宮浩信は「営業に行ったら、リスナーの女性の方から『もう2度と相田さんの家での放送はやめてもらってもいいですか』と言われましたね」と放送の反響を苦笑いで明かした。

その後、火曜パーソナリティを務める、ラッパーのR-指定とDJのDJ 松永によるユニット・Creepy Nutsも登場。R-指定は三四郎の放送を聴いているらしく、「ちょっとエミネムをイジる感じで使ってましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.