くらし情報『気鋭監督アンシュル・チョウハン、日本映画界に感じる“自由” 映像制作集団「g」で新作プロジェクトも』

2024年5月29日 06:00

気鋭監督アンシュル・チョウハン、日本映画界に感じる“自由” 映像制作集団「g」で新作プロジェクトも

気鋭監督アンシュル・チョウハン、日本映画界に感じる“自由” 映像制作集団「g」で新作プロジェクトも

●アニメーターとして製作活動開始
北米最大の日本映画祭「ジャパン・カッツ」で大林賞を受賞作した『コントラ』や、尚玄とMEGUMIが共演する『赦し』を代表作に持つインド出身・日本在住のアンシュル・チョウハン監督。

2011年に来日してアニメーターとして活動する中、実写映画界に足を踏み入れると、瞬く間に監督としてその腕を振るっている。カンテレの元プロデューサーである重松圭一氏が2023年に立ち上げた映像制作集団「g」とこのほどエージェント契約を結び、新作プロジェクトもスタートさせている。気鋭監督アンシュル・チョウハン氏に活動の経緯とこれからの野望を聞いた――。

○初の長編映画が映画祭グランプリ

インド出身・日本在住のアンシュル・チョウハン監督を語る上で、アニメーターとして活動した輝かしい実績も欠かせない。陸軍士官学校で訓練を受け、大学で文学士を取得した後、2006年からインドのパプリカスタジオ (現:テクニカラー)で働き始めたという。ニコロデオンの人気作 『Farm Kids』や国際的に評価される 『Delhi Safari』などのプロジェクトに携わり、 イギリスBBCテレビアニメシリーズ『Everything’s Rosie』 ではチームリードを務めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.