くらし情報『野村萬斎、怠惰なサラリーマン役「僕自身もぐうたらなので入りやすかった」』

2019年1月16日 19:10

野村萬斎、怠惰なサラリーマン役「僕自身もぐうたらなので入りやすかった」

野村萬斎、怠惰なサラリーマン役「僕自身もぐうたらなので入りやすかった」

2月1日公開の映画『七つの会議』の完成報告記者会見が16日、都内で行われ、野村萬斎香川照之及川光博音尾琢真藤森慎吾朝倉あき吉田羊世良公則鹿賀丈史北大路欣也、福澤克雄監督が出席した。

『陸王』や『下町ロケット』、『半沢直樹』といった企業の矛盾や働く人々の葛藤や絆を描いて人気を博している作家・池井戸潤の同名小説を、『半沢直樹』や『下町ロケット』(いずれもTBS系)を手掛けた福澤克雄監督が映画化した本作。中堅電機メーカーを舞台に、社内で起きたパワハラ騒動に隠された謎が明らかになると、会社員たちの人生、そして会社の存在をも揺るがす事件が巻き起こる、というストーリーとなっている。

主人公の八角民生役を演じた野村萬斎は、本作で初のサラリーマン役に挑戦した。「サラリーマンの役がやっと回ってきたという純粋な喜びもつかの間、地に足がついてない役かと思いましたが、話が進行していくうちに大きな犯罪や真相が分かっていきます。とにかく総当たり戦でもありますので、スリリングに演じて楽しい毎日でしたね」と満足げ。八角というキャラクターは「ぐうたらな役でしたね(笑)。最後まで見るとそうとも言い切れませんが、僕自身もぐうたらなので役作りとしては入りやすかったです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.