くらし情報『香取慎吾、主演映画で殴り合いアクション「血だらけでした」』

2019年4月23日 18:32

香取慎吾、主演映画で殴り合いアクション「血だらけでした」

香取慎吾、主演映画で殴り合いアクション「血だらけでした」

SMAPで俳優の香取慎吾が23日、都内で行われた主演映画『凪待ち』(6月公開)の完成報告会見に、共演の恒松祐里吉澤健リリー・フランキー白石和彌監督、赤城聡プロデューサーとともに登壇した。

2018年6月~7月に石巻市を中心に撮影された本作は、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして、切ない暴力を描いた衝撃のヒューマンサスペンス。あるきっかけをもとに墜ちる所まで堕ちきった男・郁男を香取が演じた。

香取は「白石監督とお仕事できて本当にうれしく思っています」と白石監督とのタッグに喜び。悲しみと狂気が交錯する演技で新境地に挑んだが、「あまり今まで見たことのない香取慎吾が見られるかもしれないですが、人は誰でも凶器な部分を心の中に、闇の部分を持っていると思う。そっちの方向の自分としては白石作品はすごく好きだったので、すごく好きな部分をやっとできたというほうが強い」と話した。

そして、「白石監督が監督している姿・・・白石監督に全スタッフ・キャストがついていこうと一つになれている白石組の現場にいるのがとても楽しかった」とうれしそうに回顧。役柄としては「つらかったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.