くらし情報『横浜流星、ファンに向ける優しい笑顔の理由は? 改めて感じた応援の力』

2019年5月8日 17:00

横浜流星、ファンに向ける優しい笑顔の理由は? 改めて感じた応援の力

で、最初のチアの練習の時には「流星くん」と近づいてきて、「かわいいな」と思ってたんですよ。でもあいつ、2日目くらいから「流星!」って!(笑) びっくりしたけど、人との距離の詰め方がすごくうまくて、見習いたくなりました。すごいですよね。

――せっかくなので、ぜひおひとりずつの印象を伺いたいです。翔役の瀬戸利樹さんは?

こんなに整ってる顔してらっしゃるのに、抜けてるというか(笑)。そこは「なんでもできるのに私服がダサい」というキャラクターの翔とも通ずるところがあって、ハマってるなと思いました。現場を和ませてくれる存在だったので、ありがたいです。愛されキャラです。

――弦役の、岩谷翔吾さん。

翔吾は、もともと高校の同級生なんですよ。彼はアーティスト(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)で、フィールドが違うから、絶対共演することはないだろうなと思っていました。だから今回は嬉しかったですし、ちょっと恥ずかしい気持ちもありました。高校生の頃の自分を知られているし、「まじめにやってる」というところが、照れ臭かったです(笑)。ムードメーカーとして引っ張ってくれました。

彼は素直だし、柔軟性があって、いろんな人からの言葉を吸収できる人だから、お芝居を続けてほしいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.