くらし情報『松本人志が語った、宮迫博之と田村亮の闇営業“否定”責任の重さ』

2019年7月7日 11:13

松本人志が語った、宮迫博之と田村亮の闇営業“否定”責任の重さ

松本人志が語った、宮迫博之と田村亮の闇営業“否定”責任の重さ

お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が、7日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、吉本興業のお笑い芸人らによる詐欺グループへの“闇営業”問題について、一部処分内容に疑問を呈した。

吉本興業は6月24日、一連の闇営業問題を受け、お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之ら11人の活動停止・謹慎処分を発表した。

松本は、「先輩に最初に『お金もらってない』と言われたら、後輩たちはなかなか『もらってました』とは言えない状況が作られてしまった」と指摘し、宮迫とロンドンブーツ1号2号田村亮が当初は金銭の受領を否定しながら一転して認めたことを重く受け止めている様子。

「宮迫と亮の以下、下の子たちは(他事務所の)ザブングル含め、そもそも謹慎の意味がどうなのかな」と問いかけて後輩の立場を思いやり、「仕事を続けながら、スポンサーの問題もあるんでしょうけど、舞台や何かの仕事は続けながら、そのお金をどこかに寄付するとか。1つのボランティアだから。こういうやり方は無理なのかなと思う」と別の処分を提案していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.