くらし情報『高橋一生、豪快に「御手杵の槍」振るうカット公開! 注目の理由3点』

2019年8月2日 21:00

高橋一生、豪快に「御手杵の槍」振るうカット公開! 注目の理由3点

高橋一生、豪快に「御手杵の槍」振るうカット公開! 注目の理由3点

俳優・アーティストの星野源が主演を務める映画『引っ越し大名!』(8月30日公開)の場面写真が2日、公開された。

同作は『超高速!参勤交代』シリーズで知られる土橋章宏の時代小説『引っ越し大名三千里』を映画化。生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩をモデルに、お国を救うため知恵と工夫を絞る姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語となる。

今回公開されたのは、武芸の達人・鷹村源右衛門を演じる高橋一生の場面写真。豪快な性格の鷹村は、星野演じる引きこもり片桐春之介の幼馴染として、春之介を書庫から引きずり出し無理やり「引っ越し奉行」に据えるが、「お前は頭を使い、俺はこの身体を動かす!」と自らも身を切る覚悟で春之介を支えていく。

そんな鷹村の見せ場が、彼らが使える松平家に家宝として伝わる「御手杵(おてぎね)の槍」で戦う大立ち回りのシーンで、日本号・蜻蛉切と並び「天下三槍」と呼ばれた名槍の1つ・御手杵の槍(レプリカ)を振り回す。元々御手杵はその大きさ、重さから普通の人間ではおよそ実践で使えるような代物ではなかったそうで、高橋自身も普段着ているスーツが合わなくなるくらい、体を鍛えて撮影に臨んでいたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.