くらし情報『小林直己「ダンスと向き合ってきたように…」ハリウッド進出作の役作り語る』

2019年10月29日 21:18

小林直己「ダンスと向き合ってきたように…」ハリウッド進出作の役作り語る

小林直己「ダンスと向き合ってきたように…」ハリウッド進出作の役作り語る

EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの小林直己が29日、開催中の第32回東京国際映画祭で行われたNetflixオリジナル映画『アースクエイクバード』(11月15日全世界同時配信予定)の記者会見に、主演を務めたオスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、ウォッシュ・ウェストモアランド監督とともに登壇。ハリウッドデビュー作となる本作の役作りやダンスシーンについて語った。

特別招待作品に選出された本作は、日本在住経験のあるイギリス人作家スザンヌ・ジョーンズによる同名ミステリー小説を映画化した作品。舞台は東京。日本に住む外国人女性リリーが行方不明になり死体となって発見され、その友人であったルーシーに容疑がかけられる。この2人の女性の間にはミステリアスな日本人カメラマン・禎司(テイジ)の存在が。主人公ルーシーを、『リリーのすべて』(16)で第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル、リリー役には、ライリー・キーオ、そして2人の女性を翻弄する禎司役を小林直己が演じた。

普段は写真を撮られる立場である小林が、カメラマン役に挑戦。「禎司にとってカメラってどんな存在なんだろうと考え、僕にとってのダンスのようなもの、自分の心の内を表現するのに一番フィットするものだと思った」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.