くらし情報『【コブスくんの使えそうな仕事術】「不幸の手紙」に「紫色の鏡」 昔はやった迷信大全集』

2011年11月29日 17:00

【コブスくんの使えそうな仕事術】「不幸の手紙」に「紫色の鏡」 昔はやった迷信大全集

【コブスくんの使えそうな仕事術】「不幸の手紙」に「紫色の鏡」 昔はやった迷信大全集
トイレの花子さん、ノストラダムスの大予言……。幼いころ、近所や学校ではやった「迷信」。思い返すと笑ってしまうような話でも、当時は本気にして怖がっていたり、学校で大騒ぎしたりしたものです。
そんな迷信とそれにまつわるエピソードを、読者の皆さんに教えていただきました。

調査期間:2011/10/18~2011/10/24
アンケート対象:COBS ONLINE会員
有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)

■幼稚園バスがトンネルを抜けるまで叫び続ける

まずは幼稚園のころにあった迷信をご紹介。

「幼稚園バスがトンネルを抜けるまで息を止めるか、キャーと叫ばないと怖いことが起こる」(28歳/女性)というおっかなびっくりこわい系は、「本気で息を止めていた。そのうち叫ぶ系が主流になって、トンネル通過中は毎日大騒ぎ。なぜかティッシュを窓から捨てる子まで現れた」(同女性)とか。

大人からすると、なんでトンネルで叫ばないといけないのかって思うんですが、その時は必死ですよね。

ほかに多かったのは、「雷が鳴るとおへそを取られる」(24歳/男性)。この迷信、長く信じていた人では、「中学年ごろまで信じていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.