くらし情報『映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想。第90回米アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表出品の快挙!』

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想。第90回米アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表出品の快挙!

2018年3月26日 11:00
 

目次

・ソン・ガンホ X トーマス・クレッチマンの名優達が豪華共演!
・映画『タクシー運転手約束は海を越えて』 あらすじーー韓国現代史に語り継がれる”あの日”に隠されたもうひとつの真実の物語。
・映画『タクシー運転手約束は海を越えて』作品紹介
・映画『タクシー運転手約束は海を越えて』キャスト
25


©YUMIMOROTO

こんにちは。アートディレクターの諸戸佑美です。

先日、韓国で開催された障害者スポーツの祭典、第12回冬季パラリンピック平昌(ピョンチャン)大会は、アルペンスキーやスノボーなど10日間に渡る熱戦が繰り広げられ、素晴らしかったですね。

2020年に東京で開催される夏季パラリンピックにも期待が高まります。

【シネマの時間】第25回は、そんな興奮覚めやらぬ韓国を舞台にした話題の感動作、映画『タクシー運転手約束は海を越えて』をお送りします。

1980年5月、韓国現代史上最大の悲劇となった光州事件。

あの日、戒厳令下の厳しい言論統制をくぐり抜け唯一、広州を取材し、全世界に5.18の実情を伝えた実在の人物、ドイツ人記者ユルゲン・ヒンツペーターと彼を乗せた勇敢なタクシー運転手キム・サボクが目にした心揺さぶられる真実の物語。

この映画を鑑賞後、私も伝えるという仕事を生業としている者として、多くの人にこの映画の素晴らしさを伝えたいとバトンを渡されたように感じました。

第90回米アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表出品の快挙!また第54回大鐘賞、第38回青龍映画賞、第26回釜山映画賞など、韓国主要映画賞を総なめにした話題作がついに日本公開です!

■ソン・ガンホ X トーマス・クレッチマンの名優達が豪華共演!

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』感想。第90回米アカデミー賞外国語映画賞 韓国代表出品の快挙!


映画『タクシー運転手』は、光州事件の実情を伝え、韓国の民主化に寄与した功労者として2003年、第2回ソン・ゴノ言論賞を受賞したドイツ人記者ユルゲン・ヒルツペーターが演説した一言から始まりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.