くらし情報『『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』ハッピーエンドさえ凌ぐラスト85秒を見逃すな 古川ケイの「映画は、微笑む。」#49』

2018年5月11日 10:00

『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』ハッピーエンドさえ凌ぐラスト85秒を見逃すな 古川ケイの「映画は、微笑む。」#49

と、フロリダのディズニー・ワールドのすぐ外側にある、安モーテル”マジック・キャッスル”で暮らしている6歳のムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)は、元気いっぱいのいたずらっ子。

ディズニー・ワールドに入るチケットはなくても、同じモーテルに暮らす仲良しの男の子スクーティや、隣のモーテルに越してきた同い年ぐらいの女の子ジャンシーと遊ぶ日々は、楽しいことで溢れていた。

%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%82%bf%e3%82%99 %e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88 %e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%992 s


だが、シングルマザーのヘイリーは、ちょうど仕事を失ったばかりで、なかなか次の職を見つけることができない。

ダイナー(北アメリカに特有のプレハブ式レストラン)で働くスクーティの母親・アシュリーからワッフルを提供してもらったり、リゾートホテルの間で偽物の香水を売ったりしながら、なんとか日々のモーテル代を工面していた。

だが、ある出来事をきっかけに、アシュリーは息子のスクーティにムーニーと遊ぶことを禁じてしまう。ワッフルの提供も拒否され、香水売りの仕事も取り締まられと、徐々に追い詰められていったヘイリーは、愛するムーニーとの暮らしを続けるために、ある決意をして……。
%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%82%bf%e3%82%99 %e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88 %e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%993 s

◼︎注目は、モテールの管理人ボビーを演じたウィレム・デフォー

本作で、脇役ながら見事な演技を見せ、アカデミー助演男優賞にもノミネートされたのは、モーテルの管理人・ボビーを演じたウィレム・デフォーです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.