くらし情報『映画『タリーと私の秘密の時間』感想。仕事・家事・育児、自分の時間のないあなたへ贈るヒューマンドラマ!』

2018年7月19日 14:00

映画『タリーと私の秘密の時間』感想。仕事・家事・育児、自分の時間のないあなたへ贈るヒューマンドラマ!

は、大忙しの毎日を送っています。

娘のサラ(リア・フランクランド)は手がかかりませんが、息子のジョナ(アッシャー・マイルズ・フォーリカ)は情緒が不安定。

今日も姉弟が通う小学校の校長に呼び出され、ジョナをサポートする専属教師を自分で雇ってほしいとまで言われてしまいます。

夫のドリュー(ロン・リヴィングストン)は優しいのですが、家事も育児も妻に任せっきりで、マーロもそれが当たり前だと思っていました。

%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a8%e7%a7%81%e3%81%ae%e7%a7%98%e5%af%86%e3%81%ae%e6%99%82%e9%96%93 %e3%82%b5%e3%83%96 4

%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a8%e7%a7%81%e3%81%ae%e7%a7%98%e5%af%86%e3%81%ae%e6%99%82%e9%96%93 %e3%82%b5%e3%83%96 3


ある日、事業で成功して贅沢な暮らしを送るマーロの兄のクレイグ(マーク・デュプラス)が、出産祝いに夜専門のベビーシッターを手配してくれると提案します。

見知らぬ人に赤ん坊を預けることに抵抗と罪悪感のあるマーロは断りますが、クレイグは妹に強引にシッターの電話番号を渡すのでした。

無事に女の子を出産したマーロでしたが、家事は膨大に増えるばかり。

さらに、再び校長に呼び出され、ジョナには違う学校へ行ってもらうと言われ、遂に感情が爆発し、校長を怒鳴りつけてしまいます。

帰宅したマーロは、もはや限界と夜間のベビーシッターを頼みます。

22時半に現れたタリー(マッケンジー・デイヴィス)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.