くらし情報『映画『神と共に 第一章:罪と罰』感想。輪廻転生、壮大な冥界ファンタジーアクション!』

2019年5月23日 13:00

映画『神と共に 第一章:罪と罰』感想。輪廻転生、壮大な冥界ファンタジーアクション!

『ミスターGO!』『カンナさん大成功です!』のキム・ヨンファ監督のもと多彩な豪華キャストが集結!

地獄での裁判や怨霊とのバトルに大活躍をする冥界の使者のリーダー、カンニムに、『チェイサー』『お嬢さん』などで韓国を代表する実力派スター、ハ・ジョンウ。

警護担当のへウォンメクには、『アシュラ』『背徳の王宮』などで活躍めざましい人気俳優チュ・ジフンが、『私のオオカミ少年』の若手女優キム・ヒャンギが補助弁護担当の使者を務めるほか、『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンが “正義の亡者” ジャホンを魅力的に演じています。

5月24日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

ぜひ映画館でお楽しみください!

■映画『神と共に第一章:罪と罰』あらすじー3人の死者と共に7つの地獄を突破しろ!

%e7%a5%9e%e3%81%a8%e5%85%b1%e3%81%ab %e7%ac%ac%e4%b8%80%e7%ab%a0 %e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc


韓国のとある高層住宅で火災が発生し、消防士キム・ジャホン(チャ・テヒョン)が必死に住人の女の子を救出します。しかし命綱が切れて転落したジャホンは、壮絶な最期を遂げてしまいます。

自分の死に気づいていないジャホンの前に、冥界の使者たちが突如出現します。

冥界のルールでは、人は亡者になると49日間のうちに7つの地獄で裁判を受けなくてはなりません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.