2021年9月23日 17:00|ウーマンエキサイト

感染の不安を抱えながらのワンオペ育児 大変だったこと・支えになったこと【ウチのコロナの話 Vol.3】

ウチのコロナの話

ウチのコロナの話

年始に「健康で乗り切る」という目標を掲げた矢先、夫がコロナに感染。自宅療養中にあってよかったもの、大変だったこと、回復後の夫の後遺症のことなど、体験したことを綴ります。

本記事は、2021年1月頃の体験談です。時期や地域、ウイルスの種類によって対応が異なる場合があり、すべてのケースに当てはまるものではありません。感染した際は各自治体のルールに基づいて行動してください。

感染の不安を抱えながらのワンオペ育児 大変だったこと・支えになったこと【ウチのコロナの話 Vol.3】
感染の不安を抱えながらのワンオペ育児 大変だったこと・支えになったこと【ウチのコロナの話 Vol.3】
感染の不安を抱えながらのワンオペ育児 大変だったこと・支えになったこと【ウチのコロナの話 Vol.3】
大変なことはいくつもあったけど「いつ悪化するか分からない」「いつ自分たちも感染するか分からない」この恐さを常に感じていたことが1番しんどかったです。体調の変化に敏感になり、少しノドが痛いだけで「もしかして…?」と不安になってピリピリしていた毎日でした。

そんな中、支えになったのは家族や友だちでした。子どもたちとしか接しない日々だったので、大人と話せること、不安を打ち明けたり相談できることが嬉しかったです。とくにわが家は近くに親戚がおらず、私まで倒れてしまったらどうにもならない状態だったので「なにか足りないものあれば買ってくるよ!」と言ってくれた近所のママ友たちの存在は心強かったです。

家族がコロナになったなんて言ったらどう思われるんだろう…? という不安も少しだけありましたが、こちらが申し訳なくなるほどに心配や気遣いをしてくれて、長い自粛期間中、とても支えられました。

なかなか言いづらいことではありますが、可能な範囲で誰かに助けを求めたり、つながりを持っておくということは大事かもしれません。

あとは、2人の子どもたち。

だれにも頼れないワンオペ生活はなかなか大変でしたが、つい気持ちが落ち込みがちになる中、いつも通りの子どもたちのふるまいに笑ったり怒ったりして救われることもありました。

長男は私が夫の食事を配膳するたび、手づくりのお届け伝票や手紙を添えてくれ、次男は両手がふさがっている私のためにドアを開けてくれるようになりました。

夫はもらった手紙をそれは喜んで、ホテル療養のときは子どもたちの動画を繰り返し見ていたそうです。手紙で約束したとおり、家に戻っていっぱい遊べるようになったことは本当に幸いだと思います。
菜ノ花子
菜ノ花子の更新通知を受けよう!
確認中
菜ノ花子
菜ノ花子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
菜ノ花子
菜ノ花子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
菜ノ花子
菜ノ花子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
菜ノ花子
菜ノ花子の更新通知が届きます!
フォロー中
菜ノ花子
菜ノ花子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.