くらし情報『「レオナール・フジタとモデルたち」展が開催、モデル研究の集大成として挑んだ壁画の大作も公開』

2016年9月13日 16:00

「レオナール・フジタとモデルたち」展が開催、モデル研究の集大成として挑んだ壁画の大作も公開

「レオナール・フジタとモデルたち」展 ポスター

展覧会「レオナール・フジタとモデルたち」が、9月17日から2017年1月15日まで、千葉・佐倉のDIC川村記念美術館で開催される。ヨーロッパ近代美術の歴史において最も成功した日本人芸術家、レオナール・フジタこと藤田嗣治(以下、フジタ)。現在の東京藝術大学の前身、東京美術学校の西洋画科を卒業後、第一次世界大戦前の1913年、27歳の時にフランス・パリへと渡ったフジタは、モンパルナスの一角にアトリエを構え、スーティン、モディリアーニらエコールド・パリの画家たちと交流を深めた。1920年代、「乳白色の下地」と均一な極細の描線によって自らのスタイルを確立したフジタは、ピカソやシャガール、ダリなど世界中から芸術家たちが集まっていた「狂乱の時代」のパリで、一躍時代の寵児となった。多様な主題、ジャンルでその才能を発揮してきたフジタだが、画業の中心は人物を描いた絵画が中心を占める。他の芸術家の場合と同じように、職業モデルを雇ってポーズの研究を行い、社交界の名士や裕福なブルジョワから注文を受けて肖像画を制作した他、時には家族や親しい友人を画面に登場させることもあった。本展では、フジタの初期から晩年までの約90点の作品を、描かれたモデルに関連する約150点の資料を交えて紹介。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.