くらし情報『ソマルタのデザイナー廣川玉枝による“新時代の和装”。西陣織「細尾」など4社と共作した着物を展示』

2016年10月16日 13:00

ソマルタのデザイナー廣川玉枝による“新時代の和装”。西陣織「細尾」など4社と共作した着物を展示

ソマルタのデザイナー廣川玉枝による“新時代の和装”。西陣織「細尾」など4社と共作した着物を展示

ソマルタ(SOMARTA)のデザイナーである廣川玉枝による「廣川玉枝『SOMARTA KIMONO COUTURE』展 -新時代の和装が奏でる伝統×革新-」が、10月18日まで東急プラザ銀座6階のKIRIKO LOUNGEにて開催されている。同展のタイトルにもある「KIMONO COUTURE」は、日本の伝統的な着物産業が次第に縮小していることに対し危機感を抱いた廣川が、着物の文化や技術を未来に継承していくためには伝統的な着物のデザインを現代のライフスタイルに寄り添う形に進化させることが必要だと考えてはじめたもの。創業460年を誇る京都友禅染の老舗「千總」の他、「岡重」、「和晃苑」、西陣織の「細尾」の4社とともにテキスタイルを開発し、シルクジャカードの生地に機械捺染と手描き箔、刺繍加工を施したハイブリッド友禅をはじめ、元来より引き継がれている伝統的型友禅、ぼかし染、漆や和紙、箔を織り込んだ西陣織の技術を取り入れ、デジタル技術と職人の伝統技術を融合させた新時代の和装を生み出した。同展ではそうして誕生した「装(KIMONO COUTURE)」に、「粧(メイクアップ)」と「華(華道)」のピースを掛け合わせ、“装粧華美”をテーマに作品をラインアップ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.