くらし情報『ディズニー映画『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンで実写化、ビル・コンドン監督が明らかにする物語の真実』

2016年5月27日 15:00

ディズニー映画『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンで実写化、ビル・コンドン監督が明らかにする物語の真実

ディズニー映画『美女と野獣』ベル役エマ・ワトソンで実写化、ビル・コンドン監督が明らかにする物語の真実

ディズニー・アニメーション『美女と野獣』が、ベル役にエマ・ワトソンを迎えついに実写映画化。アニメーション公開から26年の時を経て、2017年4月21日(金)日本公開となる。

ディズニーと『美女と野獣』
ディズニーがアニメーション映画『美女と野獣』を公開したのは、1991年のこと。1740年にヴィルヌーヴ夫人によって最初に書かれた「美女と野獣」は、これまで文学やテレビドラマ、バレエ、舞台など、様々な解釈によって感動の物語を綴ってきた。映画化は幾度となく行われ、1940年代にジャン・コクトー監督が、2014年にもレア・セドゥ主演で実写化されている。しかし、ディズニーアニメーションの誕生は、その中でも決定的な存在であった。

アニメーション映画史上初となるアカデミー賞作品賞にノミネート。さらに、一つの作品から「朝の風景」「ひとりぼっちの晩餐会」「美女と野獣」と3つの楽曲がアカデミー歌曲賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞、グラミー賞でも次々に賞を獲得。社会現象といえるほどの勢いで、一大センセーションを巻き起こすこととなった。

ベル役に女優エマ・ワトソンを迎え実写化
公開から25周年を迎えたディズニー『美女と野獣』は、実写映画化され現代へ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.