くらし情報『映画『ミュージアム』小栗旬×大友啓史監督 - 人気コミック実写化、衝撃のサスペンススリラー』

2016年6月24日 13:10

映画『ミュージアム』小栗旬×大友啓史監督 - 人気コミック実写化、衝撃のサスペンススリラー

映画『ミュージアム』小栗旬×大友啓史監督 - 人気コミック実写化、衝撃のサスペンススリラー

映画『ミュージアム』が2016年11月12日(土)に全国ロードショー。

主演は『信長協奏曲』のヒットが記憶に新しい小栗旬。監督は『るろうに剣心』『龍馬伝』『ハゲタカ』などで新風を巻き起こし、『秘密 THE TOP SECRET』の公開も控える大友啓史監督。そのほか、キャストでは、尾野真千子、野村周平、大森南朋、松重豊らが脇を固める。

そして、犯人の通称・カエル男は妻夫木聡が演じる。カエル男は自らをアーティストと呼び、ターゲットを見定め、その人に相応しい“私刑”を演出する連続猟奇殺人犯だ。犯行現場には、「ドックフードの刑」「母の痛みを知りましょうの刑」など、謎のメモが残される。

原作は、ヤングマガジンで連載された巴亮介氏の同名コミック「ミュージアム」。雨の日に殺人繰り返す連続殺人鬼、またその過激な描写、読む人を引き込んでいく緻密なストーリー、タイムリーな問題・裁判員制度などを盛り込んでヒット。その残虐性やゲーム性から大きな話題を集めた問題作だ。

楽曲は、日本に留まらず北米、南米、ヨーロッパ、ロシア、アジア各国などに活動の場を広げるロックバンド・ONE OK ROCKが本作の主題歌「Taking Off」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.