くらし情報『アニメ映画『はいからさんが通る』大正浪漫少女漫画の金字塔、全2部作で映画化』

2017年7月9日 22:10

アニメ映画『はいからさんが通る』大正浪漫少女漫画の金字塔、全2部作で映画化

アニメ映画『はいからさんが通る』大正浪漫少女漫画の金字塔、全2部作で映画化

アニメーション映画『はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜』が、2017年11月11日(土)より新宿ピカデリーほか全国の劇場で公開される。「はいからさんが通る 後編 〜東京大浪漫〜」は、2018年公開予定。

「はいからさんが通る」とは
原作の「はいからさんが通る」は、1975年〜1977年まで「週刊少女フレンド」にて連載された、大和和紀による漫画作品。1978年にはテレビアニメシリーズ(全42話)が放送され、その後、劇場実写映画(1987年公開 主演 南野陽子阿部寛)、TVドラマ(1979年、1985年、2002年)など、これまでに多くのメディアミックス展開がされてきたが、今回連載40周年を記念して、新作劇場アニメーションとして前後編で復活。後編では、旧テレビアニメシリーズでは未完となった原作のラストエピソードまでを初めて完全アニメ化する。

ストーリー
時は大正。女学校に通う17歳の花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。親友の環とともに楽しい学園生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている。そんなはいから娘が出会ったのは、笑い上戸なイケメン、伊集院忍少尉。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.