くらし情報『「ビームス クチュール」誕生 - デッドストック商品をリメイクした、ジェンダーレスウェア』

2017年10月8日 11:35

「ビームス クチュール」誕生 - デッドストック商品をリメイクした、ジェンダーレスウェア

「ビームス クチュール」誕生 - デッドストック商品をリメイクした、ジェンダーレスウェア

ビームス(BEAMS)から、デッドストック品を新たな1着へと蘇らせるアップサイクルの新ブランド「ビームス クチュール(BEAMS COUTURE)」がローンチ。2017年10月6日(金)より、東京・新宿の「ビームス ジャパン」で販売をスタートする。

古くなったものや使わなくなった物を、他の物との組み合わせたり、デザインの力で質のいいものに生まれ変わらせる“アップサイクル”。「ビームス クチュール」では、そのアップサイクルによるプロダクトを取扱う。展開されるアイテムはすべて、ビームスのオリジナルレーベルのデッドストック商品を中心に、古着やリボンなどのパーツを取り混ぜながら、手仕事で仕上げられる。

メンズ、ウィメンズの垣根を越えて、バラエティ豊富なファブリックを用いるため、コレクションはとても自由なアイディアに満ち溢れている。それが「ビームス クチュール」の最大の特徴だ。

ローンチと同時に発売するコレクションでは、サンリオのデザイナー・山口裕子氏が「ビームス クチュール」のために描き下ろした、リボンを手縫いするハローキティ(HELLO KITTY)モチーフのアイテムも登場。また、ランジェリーのコンセプトショップ「イルフェリーノ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.