くらし情報『「江戸東京博物館」再オープン、写楽・歌麿の浮世絵を初公開する展示やレキシのライブも』

2018年3月16日 18:20

「江戸東京博物館」再オープン、写楽・歌麿の浮世絵を初公開する展示やレキシのライブも

「江戸東京博物館」再オープン、写楽・歌麿の浮世絵を初公開する展示やレキシのライブも

江戸東京博物館が、2018年4月1日(日)に再オープン。2つの展覧会がスタートするほか、記念イベントが開催される。

特集展示「写楽の眼 恋する歌麿―浮世絵ベストコレクションー」
4月1日(日)から5月6日(日)までは、特集展示「写楽の眼 恋する歌麿―浮世絵ベストコレクションー」が開催される。

18世紀後半に江戸文化の最前線で活躍した浮世絵師・東洲斎写楽喜多川歌麿。「写楽の眼 恋する歌麿―浮世絵ベストコレクションー」では、江戸東京博物館所蔵の写楽と歌麿による浮世絵版画作品と関連資料30点を展示する。

中でも注目は、江戸東京博物館ロゴマークのデザイン元となった写楽の「市川鰕蔵の竹村定之進」、恋する女たちの心を映し出しているかのような歌麿の「歌撰恋之部 物思恋」だ。いずれの作品も今回の展覧会で初公開される。

さらに初日は写楽の浮世絵トートバッグが先着 500 名に無料でプレゼントされるほか、フォトスポットも登場し、再オープンを盛り上げる。

NHKスペシャル関連企画「大江戸」展
4月1日(日)から5月13日(日)まで、NHKスペシャル関連企画「大江戸」展が開催される。

徳川家康が入封した1590年以前は、小さな城下町だった"江戸"。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.