くらし情報『稲垣吾郎の舞台『No.9ー不滅の旋律ー』東京・大阪・神奈川・福岡で再演、ベートーヴェン波乱の人生描く』

2018年6月10日 05:00

稲垣吾郎の舞台『No.9ー不滅の旋律ー』東京・大阪・神奈川・福岡で再演、ベートーヴェン波乱の人生描く

稲垣吾郎の舞台『No.9ー不滅の旋律ー』東京・大阪・神奈川・福岡で再演、ベートーヴェン波乱の人生描く

稲垣吾郎が主演を務める舞台『No.9ー不滅の旋律ー』が、2018年11月11日(日)より東京・TBS 赤坂 ACTシアターにて再演。その後、大阪・オリックス劇場で12月7日(金)より、KAA 神奈川芸術劇場で12月22日(土)より、福岡・久留米シティプラザで2019年1月11日(金)より公演する。チケットは全公演完売となっていたが、10月27日(土)10:00より、東京公演の注釈付S席、立見指定を販売することが決定した。

音楽と演劇の融合で、ベートーヴェン波乱の人生を描く
「運命」(交響曲第五番)、「田園」(交響曲第六番)、「エリーゼのために」、「悲愴」など、聴力を失っていながらも、数々の名曲を世に残したルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。その波乱と苦悩に満ちた人生を、稲垣吾郎を主演に迎え、意欲的な演出と音楽表現で描いた舞台『No.9ー不滅の旋律ー』が、初演から3年を経て再演を果たす。

“第九”こと9番目にして最後の交響曲である「交響曲第九番ニ短調作品125」。その第4楽章の主題『歓喜の歌』の“歓喜”に至るまでの葛藤と情熱の物語を、単なる評伝劇に終わらない、音楽と演劇が融合したエンターテイメントとして表現した作品となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.